CHOCOLATINOのなまけもの日記

宮城県石巻市

9月23~25日

宮城県石巻市へボランティアに行きました。

22日の10時半に地元を出発。地元に住むボランティアつながりの仲間4人で行きました。


1日目

朝6時 宮城県石巻市にある 河北ボランティアセンター 到着。

先日襲った台風15号の影響で、床下浸水したご家庭が多く、その掃除などの手伝いをしました。

泊まるところは、RQ河北のボランティアセンター。

築70年にもなる古民家を使っています。

DSCF8807_convert_20110929235634.jpg


2日目。


区長さん宅近くの 八幡神社前周辺の泥かきをした。

一人暮らしのおばあちゃんの家の 濡れた畳を外に出して乾かす作業をしましたが、
濡れた畳の重いこと!女性2人で運ぶのは結構キツイです。

あと、みそ部屋の中のものも出して水分をとった。

そのあと、近くの民家で、下水道が泥で埋まったところの泥かき作業をした。

そのあとは、くりこま高原で行われる「万葉祭」というイベントへ。
ボランティアセンターから バスで約2時間。

会場の中央では 野焼きが行われていた。

DSCF8810_convert_20110929235709.jpg


出店が回りを囲むように出ていて、お酒や食べ物などが沢山売っていた。

さんさ踊りという、盆踊りのような琉球太鼓のような踊りを見た。

DSCF8814_convert_20110929235743.jpg


この万葉祭は、3年前位に始まったイベントで、
100年後も、その先もずっと残していきたい祭りとして 始められたそうです。

焼き物を焼いているのは、火は破壊してしまう力もあるけど、「創造」する力もある、
という前向きな考えで企画されたそうです。

このお祭り、とても良かったです。
日本の伝統芸能も素晴らしいし、自然の中で儀式的に行われる感じや雰囲気。


3日目

朝7時にボランティアセンターを出ました。

そして南三陸町の「福興市」へ。復興じゃなくて 福興 です。

DSCF8860_convert_20110929235845.jpg


東北や地元はもちろん、全国の色んな食べ物や 物産品が売っていました。
ステージでは音楽やダンスが行われていました。

DSCF8842_convert_20110929235818.jpg

アリーナの中で 語りべの会がありました。被災した方のお話を聞くというものです。

75歳のおじいさんは、戦争、チリ地震の時の津波、東日本大震災と、3回家を無くしたそうです。

今回も地震の直後に すぐに車で 津波からの避難体制に走ったそうです。
自分の身は自分で守る、判断力が大事だと仰っていました。

テレビやネットの映像で、津波のすごさはわかるけど、
その恐怖は、味わった人にしかわからないと言ってました。
本当に、そのときの恐怖は計り知れません。

お孫さんが大学受験を控えていたそうで、でも津波で全部流されてしまったので
諦めていたそうですが、東北大学から支援を受けて、また受験をすることになったそうです。

とても気丈に、はきはきと話して下さっていましたが、
最後に「全国の皆さんから沢山の支援を受けました、言葉にならないくらい感謝しています、ありがとうございます」
と最後のありがとうを言ったとき、抑えていたものが溢れてしまったように泣き声でした。

DSCF8868_convert_20110929235913.jpg

DSCF8876_convert_20110929235943.jpg

DSCF8878_convert_20110930000011.jpg

DSCF8884_convert_20110930000410.jpg
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://chocolatino.blog27.fc2.com/tb.php/57-f63bec3c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。