CHOCOLATINOのなまけもの日記

ボリビアへの道

6/24、インティライミの日の夜 クスコからボリビアのラパスへ向かう。

クスコで出会った日本人の友達が
陸路で行って問題なさそうだったので
私も飛行機代をけちって、長距離バスで行くことに。
予めチケットも購入しておいた。

ターミナルに着くと、
私の到着を待ち構えていたかのように慌ててバス会社の人に呼ばれた。

ラパスに行く途中で起こっているストライキの関係で
ラパスへ直行で行けないとのこと。

はい、お決まりのうまく行かないコースの始まりです。
今までのペルーでの経験から
スムーズに行くことのほうが少ないだろうと思っていたけれど。

とりあえずボリビア国境付近のプーノまで行くことに。
そこから乗り換えでボリビアに行けるようなので。

しかしプーノに行く途中でもストライキがあった。
道を迂回して こんなとこバスで行くかっていうような悪路を走る。

出発から13時間近く、プーノに無事着いた時は
乗客から拍手喝采でした。

プーノでラパス行きのチケットの手配をし
その日の14時半の出発までのんびり過ごす。

集合時間になったので窓口に行った。

しかし、今日ラパスへ向かうバスが中止になったとのこと。

えぇーーまたか。。

明日の朝まで待って、ボートで8時間、陸路で4時間だそうだ。

帰国も迫っており、あまり時間がない中このロスはきつい。
でもこれも陸路を選んだ運命。

まさかまたプーノで一泊することになるとは思わなかった。
プーノを歩いていると、銀行の窓ガラスが割れていたり
なんだか物々しい雰囲気。なんだかこの前とちょっと違う気がする。

無事ウユニ塩湖へ行けますように。。
スポンサーサイト

Comment

これなんのドラマ?
ストライキって 暴動なの?
で バスが迂回するわけ?
日本の感覚では 想像つきませが。
2011.06.26 19:48 | URL | もんじろう #OmEQ3VCk [edit]
国境閉鎖
意味がなんとなく分かってきました。 飛行機使えばよかったね。
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?infocode=2011C196

ペルー及びボリビア:住民の抗議活動による国境封鎖に関する注意喚起
(本情報は2011年06月27日現在有効です。)

1.ペルーのチチカカ湖沿岸のプノにおいては、4月末から、同地域の鉱山開発計画に反対する地域住民による抗議活動が行われており、現在、ボリビアとの国境検問所があるデサグアデーロ及びユングーヨにおいてボリビア側に通ずる道路が封鎖され、ペルーとボリビア間の物流及び観光に多大な影響を及ぼしています。

2.現在、外国人旅行者等約300人が移動できなくなっているとの報道や、国境付近で停まっている車を狙った盗難や運転手同士の喧嘩等が発生しているという情報もあり、治安の悪化が懸念されています。また、同抗議活動に呼応して、ボリビア側の国境付近でも道路封鎖が拡大する動きがあります。26日にペルーの大統領が、ペルーの大統領選(決選投票)が行われる6月5日までこの抗議活動には対応しないと発表したため、同活動がさらに長期化、拡大することが見込まれています。

3.ついては、同地域へ渡航・滞在を予定されている方は封鎖地点付近に近づかないようにするとともに、運転手同士の喧嘩等のトラブルに巻き込まれないようにしてください。また、ペルーとボリビアとの間を移動する予定の方は、封鎖解除までは空路を利用してください。外国人がデサグアデーロ及びユングーヨ以外の地点で国境を通過して出入国すると、不法出入国者として扱われ、一時的に拘留されたり、警察官等から賄賂を要求される等のトラブルに巻き込まれる可能性があります。

4.ペルー及びボリビアには、別途「危険情報」が発出されておりますので、同情報にもご注意ください。
2011.06.27 12:12 | URL | もんじろう #OmEQ3VCk [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://chocolatino.blog27.fc2.com/tb.php/30-4adbb7ae
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。