CHOCOLATINOのなまけもの日記

新生活

4月から、新しい生活がスタートした。

3月で職業訓練校DTP課を修了し、4月から地元の観光に携わる仕事をしている。

通勤時間 車で20分。勤務先が近くなったことは嬉しい。

都内に勤めていたときは、色んなおいしい店があったり
帰りに軽く呑んで帰ったり デパートに寄れたり それはそれで楽しんではいたけれど。

都会のエネルギーは私にとって凄まじく、休日にパワー補給しても、
すぐに吸い取られてしまう感じがしていた。

自然が多い地元で働けるのは嬉しいし、何よりプライベートの時間が多くもてるのが嬉しい。

通勤が遠ければ、電車の中で本読んだりする時間ができるからよい、という人もいるけれど

私は、どうしても電車の中だと寝てしまうのです。。

始発駅のため、朝は大抵座るけれど、本を読もうとしても、大抵睡魔に襲われる。

電車の睡眠の心地よさといったら・・。いつまでも寝ていたい。。という感じ。

だから、私にとって電車通勤時間は 音楽を聴くか 睡眠か で、あまり有効利用できなかった。

最高で片道2時間近くだったので、往復4時間も通勤に費やすのを考えたら

早く家に帰って 映画1本観たほうが よっぽど有効に時間を使える。


それから、朝の時間にも余裕が出たので、「朝活」を始めたいと思う。

テレビで「最近、朝活をする人が増えている」というのを観て、これはいいなと思った。

朝活とは、文字通り「朝にする活動」で、やる内容は何でもよい。

運動や、読書や意見交換会など・・。それをすることで、1日脳の活動も活発になるとか。

私も4月から実践してみようと思い、出発の2時間前に起きて、ストレッチやヨガ、読書をやってみた。

ここ数日やってみた感想は、心なしか確かに頭がすっきりして目覚めがよい気がする。

3日坊主にならないように、ぜひとも続けたい。


楽しみを見つけながら、日々精進していきたいです☆
スポンサーサイト

小出裕章さん講演会

3月17日(土)

飯能市民会館大ホールにて、小出裕章さん の講演会が行われました。

小出さんについて。

京都大学原子炉実験所助教。

原子力の平和利用に夢を抱いて 東北大学工学部原子核工学科入学。
しかし 原子力を学ぶ事で その危険性を知り、原子力についての危険性を 40年間訴え続けている。
福島原発事故後の国会でも 参考人として発言し、大きな反響を呼んだ。

4_original-2.jpg

今回 実行委員に母親が携わっているため、私も手伝いで 陰アナウンスを勤めました。
チケットは 3ヶ月前から売り切れ、1200人入るホールが満員でした。

スライドで 図や写真なども取り入れて、とても分かりやすく 説明していただきました。

私自身、原発についてはもちろん、脱原発の立場でしたが、
今回の話を聞き、ますますその気持ちが 強まりました。

福島で 置き去りにされたペットの写真、牛の写真などを見て
(牛は汚染されているという理由で殺戮される)、
怒りや悲しみが こみ上げてきました。

日本のいい部分だけ見て、日本は素晴らしい国だと思っていたし、誇りにすら感じていたけれど、
こんな 信じられないことをしている日本人であること、
それを知らず 無関心でいたことが 恥ずかしくなりました。

他人のことを悪く言って 生まれる絆は 好きではありません。
けれどそうも言ってられないです。

国民は 法律を守らなければ 罰せられるのに、
今回の事故で 政府は 自分たちの都合が悪くなると、都合がいいように 法律を反古にしてしまったそうです。
原発で お金を儲けているのに、放射性物質は 無私物だと言ったそうです。

人に責任をなすりつける、金や自分の立場を守るためには 国民をも犠牲にする。

国民を部下に例えれば、これって、嫌な上司の典型的なパターンですよね・・
日本という国は、嫌な上司を持ってしまったなぁと思いました。

金のために 嘘と隠し事で固められた国は むしろ一度滅びたほうが いいんじゃないかとさえ思いました。

でも、何とか変えようと 頑張っているひとたちが 大勢います。
未来を担うこどもたちも 沢山います。
だから、やっぱり苦しくても、変えてゆかなきゃいけないんだ、と思います。

それから 小出さんの人柄が 素晴らしいと感じました。
私も、他人のために 力を注げる人になりたい、と思いました。
小出さんは、省エネを徹底的に実行していて、研究室ではいつも電気を消して
(パソコンのモニターは明るいので問題ないとか)、エアコンもないそうです。

コストを減らす 省エネじゃなくて、地球のことを思った 省エネって、
本当に、他人や地球のことを考えないと できないんじゃないかと思います。

講演終了後は、交流会に参加しました。
私なんぞの一市民にも、笑顔で接してくださり、本当に素敵な方でした。

小出さんの言葉で 印象的だった言葉があります。

「誰かをカリスマにしようとする考えは間違っている」

誰かに任せるのでなく、ひとりひとりが、自分のこととして考えてゆかなきゃいけない。


下記のアドレスから講演の動画がご覧いただけます。

第一部 開始から休憩まで
http://www.ustream.tv/recorded/21318928

第二部 休憩終了から終了まで
http://www.ustream.tv/recorded/21321147

もしお時間ある方は、ぜひご覧ください!

61年目の結婚記念日

昨日2月10日は、おばあちゃんとおじいちゃんの結婚記念日だった。

おばあちゃんは60年目と思っていたらしいが、
夕食のときに父が今年還暦なんだから60年はおかしいという話になり、どうやら勘違いだったらしい。

61年目の結婚記念日だった。

88歳のおじいちゃんは退院してから言葉をかけても反応が遅いし、時々わけのわからないことも言う。
でも、おばあちゃんが「おじいさん、今日は何の日かわかる?」という問いかけに
少し時間をあけて「結婚記念日だ」と言ったそうだ。

おばあちゃんはその話を嬉しそうに話していた。

夜は、お寿司を食べながら61年前、おばあちゃんがこの家に嫁いできた時のことを聞いた。

61年前の2月10日も、今年と同じように良い天気で、
「大八車」という荷車で嫁入り道具を積み、約7kmの距離を歩いてきたそうだ。
初めて聞いたのでネット調べてみたところ、こういうものだそうだ。

daihati.jpg

下駄で歩いてきたので、鼻緒が切れてしまったそう。
どんな気持ちだったんだろうなぁ。
嬉しそうに話すおばあちゃんが微笑ましかった。

先日、おじいちゃんの妹さんが亡くなった。
おじいちゃんは8人兄弟で、兄弟の中で亡くなったのはこれが始めてだった。
一昨年、おばあちゃんの計らいで行われた兄弟会が、8人で揃う最後となった。

お祖父ちゃんも、表には出さないけど妹が亡くなったことは悲しいことだと思う。
もう危ないと言われていた前日はあまり食べなかったとおばあちゃんも言っていた。

思えば1年前の今頃はお姉ちゃんの結婚式だった。
遠い昔のことのようだ。震災が起きる前だし、多くの人がこの1年をそう感じているだろう。

おじいちゃんも、そのときはお姉ちゃんの結婚式に出席して
沢山食べていたし、杖をつきながらも付き添いなしで歩いていた。
1年で色んなことが大きく変わる。

1年後はどうなってる?5年後、10年後は??
生まれる命もあれば消える命もある。
もし大切な人が亡くなったら、私は後悔しないのか。
世の中もどんどん変わっていく。私はどういう人生を生きるのか。
何か人の役に立てるのか。幸せなのか。

ピアノ

8歳から、23歳まで、15年間続けたピアノ。

社会人になって練習ができなくて辞めた。


昨年、ピアノの先生から発表会に出ないかとお声かけいただいた。

せっかく実家にいてピアノが弾ける環境にあるし、出させて頂くことにした。


ピアノを弾いていて、ふと思う。

なぜ、ピアノを弾くのか。


これだけ長く続けてきて、役にたったことと言えば 中学校の合唱の演奏ぐらい。

発表会を除けば、誰かに向けて演奏するわけでもないし、せいぜい一人で自己満足的に弾くのみ。


なぜ弾くのか理由はわからないけど、

それを考えたら、人はなぜ歌うのか、なぜ踊るのか、などきりがない。

無心になって、指が動くままに弾くのが良いのです。




そういえば、正月にフィギュアスケートをテレビで観ていて、

少しピアノの発表会の感覚と似ているなと思う部分があった。

みんなが見ている中で、たった一人での勝負。

いくら練習しても、本番でこけたら意味無し。

きめ技があるみたいに、要所要所でテクニックが必要なところがあって

そこがつっかえずに弾けると「よっしゃ!」ってなったり。

なによりプレッシャーに打ち勝つこと。


小さな、まして順位がつくわけでないピアノの発表会でさえ、
あんなにプレッシャーに押しつぶされそうになるのに

フィギュアスケートの大舞台であんな堂々と演技をしている選手は、本当にすごい。


プレッシャーに弱い私は、今年の発表会がとにかく人様に見せられる程度までになれるよう練習あるのみ・・。

新年のご挨拶

ご挨拶が遅れましたが、新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願い致します。

祖父は無事に退院し、6ヶ月の姉の子どもがきており、
にぎやかなだけど穏やかな正月を過ごしました。

3日に行った高山不動でひいたおみくじは「末吉」でした。
むやみに行動を起こさず、じっとしているのが良いとの内容でした。
あまり焦らずに、進むべき方向に、一歩一歩近づいていけたらと思います。

IMG_7372_convert_20120110214026.jpg
実家の畑からの初日の出。今年は雲が多く、スカイツリーは見えませんでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。